SIMカードについて

searchフリーSIMカードって一体…何なの?

SIMPRICE(シムプライス)って何ですか?

sim price

SIMPRICE(シムプライス)は、格安のフリーSIMカードを「月額利用料」「音声通話」「速度」「月間通信量」等の角度から情報を整理し、数値に基づいたランキングを提供するサービスです。

通信料の節約が可能になるなど、フリーSIMが人気になりつつあるものの、いまいち情報が整理されていない点に不満を持ちサービス公開するに至りました。

フリーSIMカードって何ですか?

sim card

フリーSIMは、MVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる事業者がNTTドコモやKDDIといった通信キャリアから回線を間借りし、自社ブランドでサービスを提供する通信サービス並びに通信の際に必要となるカード(SIM)のことを指します。

旧来は、契約したキャリアの端末かつ、キャリアが発行したSIMカードでしかデータ通信等の利用が出来ないようになっていましたが、キャリアの縛りを設けない「SIMロックフリー端末」が販売され、通信料が安価い利用できるなどの理由から、フリーSIMカードが脚光を浴びるようになりました。

用語説明

MVNOとは

 

「Mobile Virtual Network Operator」の略で、別名「仮想移動体通信事業者」とも言います。物理的な移動体通信網…つまるところ、通信のためのインフラ…を持たずに、NTTドコモやKDDI(au)等のキャリア(MNO)から通信網の再販を受けてサービスを展開する事業者の総称となっています。
回線はキャリアのものを活用する形になるため、利用エリアや回線品質は同等のクオリティとなっています。

なぜSIMフリーカードは安いのですか?

 

MVNOのSIM価格が安い理由

体制 制限
  • 店舗展開がない
  • 販売コストの圧縮
  • サポートコストの圧縮
  • 通信量の制限
  • 速度の制限
  • 機能の制限 (別料金化)
体制
  • 店舗展開がない
  • 販売コストの圧縮
  • サポートコストの圧縮
制限
  • 通信量の制限
  • 速度の制限
  • 機能の制限 (別料金化)

フリーSIMカードは、MVNOによる「体制」と「制限」の2点により、従来のキャリアと契約した場合の費用と比べて安価に契約できるようになっています。
「体制」については、店舗展開や販売にかかる費用、さらにはサポートにかかるコストをMVNOが負担しない(展開しない)ことにより、エンドユーザー(皆さん)への提供価格が大きく圧縮されています。

また、「制限」の部分では、格安フリーSIMの”通信量”や”速度”を制限することによって、価格の低減が実現されています。

こんなに変わる!?既存キャリアとの価格比較

会社名 NTTドコモ IIJMIO
プラン カケホーダイプラン データSパック(2GB) ライトスタートプラン(2GB)
料金 基本プラン
(スマホ/タブレット)
4,200円
パケットパック3,500円 月額料金1,523円 音声通話オプション700円
合計 7,700円/月 2,223円/月
月の差額 5,477円/月

上図は、「NTTドコモ」でスマートフォンの契約をした場合と、フリーSIMを提供している「IIJMIO」のライトスタートプラン(音声オプション付加)を比較したものです。

同等の条件でフリーSIMに切り替えた場合、1ヶ月で約5,400円近くの差額が発生します。そして、2年間の利用を想定すると、約130,000円近くもの差が開くことになります。

biggy
期間 / 会社 NTTドコモ IIJMIO 差額
1ヶ月 7,700円 2,223円 5,477円
6ヶ月 46,200円 13,338円 32,862円
1年 92,400円 26,676円 65,724円
2年 184,800円 53,352円 131,448円
  • ※本数値情報は、2014年7月20日時点での情報を掲載しています。
  • ※金額は全て税抜きです。

対応するサービスエリアに違いはあるのか?

career

フリーSIMカードは、NTTドコモやKDDIといった「キャリアが保有する通信網」を利用するため、キャリアが提供する対応エリアと同一でサービスの利用が可能と言うことができます。基本的には、LTE回線が利用できるため(契約によって異なります。3G回線だけのプランの場合にはLTE回線は利用できません)最大で下り150Mbpsの通信が可能となっています。気になる場合には、キャリアのウェブサイトにサービスエリアが掲載されているので事前チェックすることをオススメします。

volume

サービスエリアの確認はこちらから!

 

フリーSIMカードでできること

  • データ通信chat
  • 音声通話phone
  • オプションwifi
    • SMS
    • Wifi

フリーSIMは、これまでは「データ通信」のみが主流でしたが、LTEを活用した「音声通話」のオプションが登場し、キャリア契約時とほぼ同等のサービスが利用できるようになりました。
また、オプションという形で「SMS」や「WiFiサービス」とも別途契約ができるようになっているため、ライフスタイルにあわせて契約プランを選択できるようになっています。

plus

解約制限&違約金設定がほとんどなし!

なお、キャリアとの契約の場合には大幅な割引が適用されるかわりに、2年程度の継続契約が義務付けられることが多いですが、フリーSIMカードでは、ほとんどのサービス/プランが解約制限を設けておりません。契約切り替えに際して費用がかからないことからも、フリーSIMに軍配があがるのではないでしょうか。

購入方法は3パターンから選択可能!

フリーSIMカードは、「店頭契約」「パッケージ購入」「オンライン購入」の3パターンから購入することができます。
店頭契約はイオンに限られますが(※2014年6月現在)、自分で設定する場合には、お近くのビックカメラなどの店舗でのパッケージ購入や、AmazonやMVNO運営のウェブサイトでオンライン購入することが可能です。

 
  1. 店頭契約hands-shake
  2. パッケージ購入box
  3. オンライン購入person
格安フリーSIMランキングはこちら!

免責事項

  • 本サイトに掲載している情報及び料金は2015/05/29時点の情報をもとにしています。
  • 各プランの金額は税抜きとなっております。
  • 各プランの金額は、サービス提供元の都合により随時変更される場合があります。本サイトに掲載されている金額は参考値並びに目安としてご活用ください。
  • 各プランに表示している料金に小数点(端数)が生じた場合には切り捨てを行っていますが、切り捨て後に0円になった場合には便宜上に1円と表示しています。