【後編】 国際ローミング、お高くありませんか?現地のSIMカードをお得に使いましょう!〜中国版〜

本記事は『【前編】国際ローミング、お高くありませんか?現地のSIMカードをお得に使いましょう!〜中国版〜』の後編です。
中国の「街角の民間携帯販売店・屋台」「各携帯キャリアの正規営業所」でSIMカードを購入する方法は前編をご覧ください!

インターネットで買う

既に携帯電話端末を持っていて、あとはそれに対応するSIMカードを買いたい方向けです。

当然ここでも中国語力が必要になるのですが、このコラムではこれを見ながら買えば大丈夫なように解説します。

携帯電話キャリアは3つありますが、先に書いた通り、現状は中国聯通のSIMカード利用が一番お得(パケット通信利用時)なので、聯通のウェブサイトを例に解説します。

まず、中国聯通のウェブサイトのURLである http://www.10010.com/ へアクセスします。

china_unicom_01

ウェブサイトが表示されると、最初に確認したいのは、地域設定です。

デフォルトでは「北京」に設定されていますが、必ず皆さんが中国で主に活動される省または市を選んでください。

最近は通話やパケット利用など契約都市や省に限らず、全国で統一価格が適用されるようになってきていますので、使う上では問題は少ないかもしれませんが、将来番号を解約する場合に契約都市の営業所へ解約手続きに行かないと、申請を受け付けてくれない可能性がありますので、必ず確認してください。

china_unicom_02

地域設定は、上図のように「切換地区」にカーソルを合わせると、省または市のリストが出てきますので、活動される場所を選びます。今回は「上海」を選びます。

china_unicom_03

左側に「靚号、套餐」という番号やプラン選択メニューがるのを確認してください。

china_unicom_04

左サイドバーのメニューに「靚号、套餐」という番号やプラン選択メニューがあるのを見つけたら、カーソルを合わせましょう。カーソルをあわせると右側に下層メニューが展開表示されるので、「4G套餐」内の「自由組合套餐」を選びます。

図にある通り、他にもプランは多数ありますが、
「自由組合套餐」は中国全土パケット通信100MB分込みで月額最安8元(約130円)だけで携帯番号を持つことができ、4G LTE、3G、GSMの全てのネットワークが使える現状では非常にお得なプランです。

china_unicom_05

選択後、上記画面が表示されます。デフォルトではこのSIMカードは50元で購入することが可能です。月額8元プラン希望であれば、このまま何も選ばなくとも問題ありません。

china_unicom_06

細かくオプション設定したい場合は、8元/月のボックスを押すと、上のような画面が出ます。

必要なバンドル・オプションがあれば、該当部分にチェック、パケットバンドル以外、不要な場合は「暫不需要」をチェックします。

オプションなし(8元/月)のままであれば、音声通話は0.2元/分、SMS0.1元/通、MMS0.3元/通の料金が適用されます。

china_unicom_07

オプション選択後は、携帯電話番号を選ぶために「選新号碼」を押します。

china_unicom_08

取得可能の電話番号リストが表示されます。末尾でこだわりの数字がある場合は、2~4桁で「尾号」に入力して、「捜索」を押すと検索することができます。番号を選択したら右下の「確定号碼」を押します。

china_unicom_09
選択した番号を確認して、「立即購買」を選択します。

china_unicom_10

「登録」と「快速注冊」の項目があるので、「快速注冊」タブを選んで、「郵箱」にメールアドレス、「設置密碼」「重複密碼」にパスワードを2回入力、「験証碼」に画像で表示された文字を入力して、「同意以上条款併注冊」を押します(ここで入力した情報は後々必要になりますので、メモしておきましょう)

china_unicom_11

「入網資料」、「機主姓名」は契約者の名前を漢字で記入、「証件信息」は「護照」(パスポート)を選択、右側にパスポート番号を入力します。「証件地址」は何か入れなければいけないので「日本」などと入れておけばいいでしょう。「手機卡類型」でSIMカードサイズを選びます。「普卡」標準SIM「微卡」microSIM「nano卡」を選択します。

china_unicom_12

「套餐生効時間」(プラン適用時期)を決めます。「立即生効」即開通・月額プランの100%費用負担「半月生効」月の後半開通の場合、即開通・月額プランの50%費用負担(プラン内の無料分量も50%になるので使用注意)「次月生効」翌月1日開通、「収貨地址」には中国国内でSIMカードを受け取る場所の情報を入れます。「収貨人」受取人氏名「地区」市区を指定「詳細地址」市区以外の住所「手機」携帯電話番号「電子郵件」メールアドレス(任意記入)、「支付方式」支払い方式、オンライン決済・クレジットカード決済・中国国内銀行カード決済が選べます。

china_unicom_13

「配送方式」はそのままでOK(EMSまたは宅配便)「商品清単」「結算信息」で注文内容を確認、問題なければ「提交訂単」で注文が確定します。

注文確定後、1~3日程度で「収貨地址」で指定した住所にSIMカードが届きます。受け取る時に必要なのはパスポートのコピー(配送業者に渡します)とパスポート原本(本人確認のため提示)です。受け取った後にSIMカードを挿せばそのまま使うことができます。

この記事を書いた人

増山智明

増山智明

1975年北海道生まれ、2005年に語学を全く勉強せずに、単身中華人民共和国に渡航。 しかし、渡航1ヶ月未満で日本語が分からない中国人女性と出会い、中国語がたどたどしいのに更に5ヶ月後にスピード入籍。度胸があればなんでもできちゃう!? 中国では外資系ウェブ関連企業にて勤務していたが退職して、2014年5月に日本帰国。これから妻と2歳の双子の男の子を抱えてどうする??仕事依頼お待ちしています!

新着コラム