中国語がわからなくてもOK!中国で携帯電話を使うには?〜残高管理編〜

中国で携帯(SIMカード)を買ったのはいいけれど、次にぶつかる困難は、料金の残高管理とチャージではないでしょうか。

中国では、携帯電話料金システムの大半は、前もって支払うプリペイドカード形式です。いつ料金が差し引かれて、その結果残高はいくらで、足りなくなった時にどうやってチャージするかということを覚えておく必要があります。

何も知らないで使い続けていると、ある日突然、電話・メール・パケット通信まで止められて身動きが取れない事態になってしまうかもしれません。

そうなる前にこのコラムでしっかりと仕組みを学んでおきましょう。「残高管理編」と「チャージ編」の2回に分けて説明します。

中国のSIMカードの料金徴収の仕組みを知ろう!

chinamobileplan

例えば、このようなプランがあったとします。

月額基本料: 36元

(契約都市内通話60分、国内SMS送信100通、パケット通信60MB、国内家族同士通話300分、電話受信無料、ナンバーディスプレイ・国内サイト向けパケット通信500MBサービスが込み)

プラン外料金

国内通話: 0.25元/分、国内テレビ電話: 0.6元/分、パケット通信: 0.0003元/KB

この場合、36元は毎月月初(概ね毎月1~3日の間)に残高から差し引かれます。

そして、プラン外料金は随時リアルタイムに差し引かれていきます。

chinamobilekeiyaku

その為、まず自身が契約している携帯電話プラン内でどれだけの無料分を使えるのかを把握することが重要となりますので、図のような契約時に販売店からもらう書面をよく見て、計画的な残高管理をしましょう。

残高を知るための3つの方法

購入したSIMカードの残高情報を知るには主に

    • 電話
    • SMS
    • インターネット(モバイルアプリ)

上記3つの方法があります。

電話

それぞれのキャリアのサービスダイヤルに電話して、音声アナウンスに従って操作して、残高(中国語で「余額」)を音声で知らせてくれるという方式です。

まず、各社のサービスダイヤルは次の通りです。何かあった時の為に覚えておきましょう。

 キャリア名  電話番号
中国移動通信 10086
中国聯通 10010
中国電信 10000
※中国国外からは繋がらない場合がありますのでご注意ください。

ただし、大半のキャリアの対応言語は中国語または英語の2つに限られるので、特に中国語が分からない方にはオススメできないやり方です。ここでは中国移動通信の中国語会話不要の電話を使った残高確認の方法のみご紹介します。

中国移動通信

1008611

いくつか方法がありますが、もっとも簡単な方法は持っている中国移動通信のSIMが入っている携帯端末で「1008611」に電話する方法です。

アナウンスが流れた後、そのまま電話を切って待てば、SMS(受信料無料)で残高や利用中のプランの残りが確認できます。

SMS

中国語会話力不要で、簡単なSMSのやり取りだけで、残高を知ることができます。

 通信キャリア  宛先電話番号  内容
中国移動通信 10086 CXYE,YE,101のうちいずれか1文
中国聯通 10010 CXYE,YEのうちいずれか1文
中国電信 10001 102
※本文中の大文字・小文字は区別しません、CXは問い合わせを意味する「査詢」の略、YEは「余額」の略です

以上の内容でSMSを送信すると、折り返し残高通知のSMSが返ってきます。

インターネット(アプリ)

まず、各社のウェブサイトのURLは次の通りです。ブックマークしておきましょう。

 通信キャリア  URL
中国移動通信 http://www.10086.cn/
中国聯通 http://www.10010.com/
中国電信 http://www.189.cn/

オンラインで確認できるのは、とても楽なのですが、確認しておかなければいけないことがあります。それは、SIMカード1枚にそれぞれ設定されている「サービスパスワード」(服務密碼)です。

これを確認しておかないとオンラインで各種手続きをすることが難しくなります(チャージは除く)。

サービスパスワードなんて設定したことがないし、そんなの知らないよ!という方、ご安心を。各社のデフォルトパスワードはこちらです。

 通信キャリア  デフォルトサービスパスワード
中国移動通信 123456
中国聯通 携帯電話番号の後ろ6桁の数字
中国電信 000000または123456

このデフォルトパスワードを理解した上で、残高確認画面に入ります。

chinaumobilechaxun chinaumobilechaxun2

中国移動通信: 话费查询→余额查询から右図のように、携帯電話とサービス(初期)パスワードを入力。その後サービスパスワードを改めて任意の数字6桁で再設定

chinaunicomchaxun chinaunicomchaxun2

中国聯通: 查话费→账户余额から右図のように、携帯電話とサービス(初期)パスワード、CAPTCHA文字を入力。その後サービスパスワードを改めて任意の数字6桁で再設定

chinatelecomchaxun chinatelecomchaxun2

中国電信: 费用查询→余额查询から右図のように、携帯電話とサービス(初期)パスワード、CAPTCHA数字を入力。その後サービスパスワードを改めて任意の数字6桁で再設定

これらの手続きを経ることで、下のように残高の確認ができます。

chinaunicomchaxun3

 

アプリにおいても、サービスパスワードさえ設定してしまえば、同じように残高確認することが可能です。

各社スマートフォンアプリの公式ダウンロードURLです。

   URL
中国移動通信 http://www.10086.cn/cmccclient/
中国聯通 http://info.10010.com/database/clientdownload/index.jsp
中国電信 http://www.189.cn/client/

ここまで料金徴収の仕組みと残高の調べ方について、細かく紹介しました。

残高照会については、いろいろな方法を紹介したせいか少し分かりにくい部分があるかもしれませんが、ご自身に適しているやり方で試してみてください。

次回「チャージ編」では、チャージ方法について説明します。中国語が話せない方でも、参考になる情報を掲載します。

 
 

この記事を書いた人

増山智明

増山智明

1975年北海道生まれ、2005年に語学を全く勉強せずに、単身中華人民共和国に渡航。 しかし、渡航1ヶ月未満で日本語が分からない中国人女性と出会い、中国語がたどたどしいのに更に5ヶ月後にスピード入籍。度胸があればなんでもできちゃう!? 中国では外資系ウェブ関連企業にて勤務していたが退職して、2014年5月に日本帰国。これから妻と2歳の双子の男の子を抱えてどうする??仕事依頼お待ちしています!

新着コラム