外国人でも簡単に使える!クレカ不要でコンビニでチャージできるプリペイドSIM・COMST T-SIM

外国人でも簡単に使える!クレカ不要でコンビニでチャージできるプリペイドSIM・COMST T-SIM

まだ日本では気軽にチャージできるSIMカードが少ない

先日、外国人観光客向けPrepaid Visitor SIMカードを比較するというエントリーを書いたばかりですが、また外国人観光客向けSIMカードの話。

近々、更に新しい外国人観光客向けのプリペイドSIMが新しく発表されるようですが、外国人によく質問される内容として、

  • ボクのモバイル端末は使えるの?
  • どれだけの容量が使えるの?
  • 音声通話できるの?
  • チャージできるの?

が挙げられるのですが、

1つ目の件は、今日の時点では(近々事態は変化しますが)、殆どの外国人観光客向けSIMカードはNTTドコモの回線を使ったMVNOなので3G/LTEで主に800MHzと2100MHzの周波数帯が使える端末ならOKだよと言えば納得してくれます。

2つ目の容量は、どういう使い方をするのかによっても違うでしょうし、だいたいウェブサイトを何ページ見たらこれくらいの消費というように説明できます。

3つ目の音声通話は、特に聞かれます。

現状、外国人観光客向けで音声通話に対応しているSIMカードとしては、b-Mobileの「PAYG SIM」またはブラステルカード(Japan Travel SIM Powered by IIJmio)の2つくらいしか選択肢がないと思います。

前者は、有効期間わずか7日間で10,000円ほどと少し高め、後者は現時点では販売チャネルが少なく、広く外国人観光客に対してオススメできるものではないので、今後新しいSIMカードが出現してくれることを待つしかありません。

そして、4つ目のチャージ。

チャージできるカードとそうではないカードに分かれています。

チャージできるのは、「Prepaid LTE SIM by So-net」が200MB1,620円~、WIRELESS GATE PREPAID SIMが1GB1,000円。

まだ日本では気軽にチャージできるSIMカードが多くないようです。

ほかにもっと使い勝手がいいSIMはないのかなぁと思いつつ、ふらっと入ったヨドバシカメラで発見しました。

コンビニでSmart Pit経由で簡単にチャージできるCOMST T-SIM

comst

兼松コミュニケーションズが提供するCOMST T-SIMです。

プランは3つ。

  • 日額プラン: 3,980円・1日あたり70MB・31日間有効
  • 2GBプラン: 3,980円・2GB・30日間有効
  • 4GBプラン: 6,980円・4GB・90日間有効

日額プランは1日70MBの高速容量通信超過後は、当日23時59分59秒までは受送信時最高200kbpsに制限されます。

使用できる周波数帯域は、

  • LTE: 800/1500/2100MHz
  • 3G: 800/2100MHz

(COMSTサポートに電話したところ、LTE Band3の東名阪バンドは非対応との事)

COMST T-SIMの良さは気軽にチャージができるところです。

全国のローソン・ファミリーマート・スリーエフ・ミニストップ・サークルKサンクスといったコンビニエンスストアで「スマートピット」を使ってチャージができます。

日額プラン・2GBプランは2,000円でそれぞれ元々の制限高速容量が復活、4GBは5,000円で復活できます。

ローソン・ミニストップはLoppi端末操作、ファミリーマートはFamiport端末操作、その他のコンビニエンスストアではレジでスマートピットカード(シート)を提示すれば、24時間365日すぐにチャージが完了します。

SIMカードは、一部nanoカードのみの取り扱いですが、標準SIMやmicroSIM端末を持っている方でも付属してくるSIMカードサイズ変換アダプタがありますので、心配は要りません。

 クレジットカード・銀行口座の登録が一切不要なので、外国人観光客に限らず、クレジットカード等が利用できない・使わない若年層にも合っているSIMカードと言えるでしょう。

(価格は全て税込)

この記事を書いた人

SIMPRICE編集部/増山

SIMPRICE編集部/増山

株式会社ノイズのメディア事業部内に新設された「フリーSIM比較メディア」を運営する編集部です。 日夜、格安のSIM情報を追っかけています! 現在、コラムまたはニュース情報を寄稿頂けるライターさんを募集しています!(お問い合わせはこちら

新着コラム