So-netのプリペイドLTE SIMカードが富山空港で販売開始!ジワジワと広がる販売ネットワーク

「Prepaid LTE SIM by So-net」が富山空港で販売開始!ジワジワと広がる販売ネットワーク

「Prepaid LTE SIM by So-net」の空港販売は全国で6ヶ所目

2014年9月5日より、訪日外国人向けプリペイドSIMカードである「Prepaid LTE SIM by So-net」が富山きときと空港・国内線ターミナル2階売店「まいどは屋」で取扱を始めた。

取り扱うプランは、

  • 30日有効・100MB・3,000円(税込)プラン
  • 60日有効・500MB・5,000円(税込)プラン

の2つ。

SIMカードは

  • 標準SIM
  • microSIM
  • nanoSIM

の3つとなっている。

空港敷地内での販売は、成田国際空港・羽田国際空港・関西国際空港・新千歳国際空港・富士山静岡空港に続いて6ヶ所目。

現在、富山空港から海外を結ぶ国際線は、

  • 中国・北京(大連経由)
  • 中国・上海
  • 中国・大連
  • 台湾・台北
  • 韓国・ソウル
  • ロシア・ウラジオストク(運休中)

方面へ直行便が就航している。

SIMカード販売は空港だけではない!

「Prepaid LTE SIM by So-net」は訪日外国人向けと謳っているので、空の玄関口である空港でしか売っていないと思うかもしれないが、実はそんなことはない。

他では以下のところで販売している。

  • 関西国際空港に到着するLCC・Peachの機内(深夜・未明到着便を除く)
  • SIMフリー携帯等を販売するWasabee東京駅店(東京メトロ丸ノ内線 東京駅コンコース内)
  • 京都駅前 市バス・地下鉄案内所
  • コトチカ京都案内所(京都市営地下鉄京都駅改札付近・コトチカ京都内)
  • あきばお~ 7店舗
  • ドスパラ 19店舗
  • アプライド 3店舗
  • BOOK OFF 新宿西口店
  • ラオックス 秋葉原本店
  • World MOBA 秋葉原店
  • 池袋 ビッグウェスト・インターナショナル
  • ココストア・エブリワン(九州全域)

と全国いろんなところで入手できる。

「Prepaid LTE SIM by So-net」はこんな人にオススメ!

「Prepaid LTE SIM by So-net」は身分証の認証や初期費用が要らないプリペイドタイプのデータ専用SIMカード(音声通話・SMS非対応)。

これまでの同様のプリペイドSIMカードサービスは、パッケージを購入してWeb申し込みを行うことで後からSIMカードが送られてくる仕組みだったり、空港でSIMカードを受け取るために、日本へ入国する前に海外で事前に申し込みしなければならない仕組みだったりと特に訪日外国人にとっては優しいサービスとは言えなかった。

「Prepaid LTE SIM by So-net」は事前予約の必要もなく、店頭や専用自動販売機でSIMカードを購入。その場でスマートフォン上で設定(アクセスポイント名の設定)→開通手続きを取れば、すぐに使えるという利便性が高いサービスとなっている。

その為、訪日外国人だけでなく、煩わしい手続き・初期費用なし・クレジットカード不要ですぐにパケット通信を楽しみたいという方に、とてもオススメできるサービスとなっている。

また、データ容量の使い切り・または期限が切れたらその場で使い捨てではなく、チャージにも対応しており、

  • 30日有効・200MB・1,500円(税別)
  • 30日有効・500MB・2,000円(税別)
  • 60日有効・1GB・2,838円(税別)

の3つのプランで対応する。

(チャージ対応はオンライン上の申込で、決済にはクレジットカードが必要。データ容量を使い切った日から14日以内に追加チャージしない場合、自動解約となる)

「Prepaid LTE SIM by So-net」は他のMVNO業者の多くが使うNTTドコモのXi(LTE)、FOMA(3G)ネットワークを利用したサービスで全国人口カバー率100%で繋がりやすさが売りと言える。 訪日外国人に限らず、ちょこっとデータ通信を使いたい方にも是非注目のSIMカードだ。

この記事を書いた人

SIMPRICE編集部/増山

SIMPRICE編集部/増山

株式会社ノイズのメディア事業部内に新設された「フリーSIM比較メディア」を運営する編集部です。 日夜、格安のSIM情報を追っかけています! 現在、コラムまたはニュース情報を寄稿頂けるライターさんを募集しています!(お問い合わせはこちら

新着コラム