税込2万円を切る価格で販売も!激安LTE対応SIMフリースマホ「ZTE Blade Vec 4G」

税込2万円を切る価格で販売も!激安LTE対応SIMフリースマホ「ZTE Blade Vec 4G」

「OCN モバイルONE」とのセットなら税込19,800円で端末購入可能





2014年8月に発売されたLTE対応SIMフリー・スマートフォンである中国・ZTE社の「Blade Vec 4G」。かなり安い価格帯のスマートフォンですが、現時点では目立つ不具合が少なくコストパフォーマンス抜群の端末と言えるでしょう。

NTTコムストアで、

  • データ専用SIMカード「OCN モバイルONE」
  • プリインストールアプリ「050 Plus」
  • セットサービス「マイポケットプラス」

の組み合わせで、「Blade Vec 4G」が税込19,800円で購入することが可能です。(2014年9月下旬現在)

「Blade Vec 4G」のスペックですが、

液晶ディスプレイは1280×720ドットの5インチディスプレイ。幅70.4mm×高さ142.3mm×薄さ7.8mm、重さは約132gです。

OSはAndroid 4.4.2、CPUはSnapdragon社のクアッドコア(4コア)1.2GHzプロセッサのMSM 8926、メモリ1GB、ストレージ16GB(microSDカード非対応)。

メインカメラは800万画素で一般的ですが、インカメラは100万画素に過ぎず映像チャットなら何とか対応できそうだが、自撮りには少し厳しい仕様と言えます。

バッテリーは2,300mAh、連続待ち受け時間340時間、連続通話時間600(日本国内)~700(海外使用)分。

対応する通信方式は、

  • LTE: 800/1700/2100MHz
  • W-CDMA: 800/2100MHz
  • GSM: 900/1800/1900MHz (日本では対応していません)
  • Wi-Fi: IEEE802.11b/g/n 準拠

です。

プリインストールアプリは「タスクマネージャ」「ノートパッド」「フラッシュライト」「Dolby」「050 Plus」「My Pocket」「Kingsoft Office」「Mi-EasyAccess」「Mi-POP」など。

少し割高だが、プリインストールアプリ少なめで、端末は同じな「freetel LTE XM」

freetelxm

2014年8月下旬に発売された「freetel LTE XM」という端末。端末販売価格は32,180円(税込)と「Blade Vec 4G」より割高ですが、元の端末は「Blade Vec 4G」と全く同じ。

違いはプリインストールアプリが少なめで、シンプルな仕様となっています。

「OCN モバイルONE」と組み合わせて、お得に使いたいのであれば、「Blade Vec 4G」を選ぶのが最適と言えますが、ほかのMVNO SIMを使うのであれば、「Blade Vec 4G」を選ぶのも「freetel LTE XM」を選ぶのも価格面でも差がなくなってくるので、お好みでチョイスとなりそうです。

MVNO SIMで使いたい方には、

  • OCN モバイル ONE
  • BIGLOBE
  • BB.excite
  • IIJmio
  • So-net
  • b-mobile
  • hi-ho

など10以上のMVNO事業者のAPN(アクセスポイント名)情報が予めプリセットされているので、SIMカードを挿してアクセスポイント名が合致しているかを確認するだけで、すぐにスマートフォンを使うことができるのは便利なところです。

スマートフォンエントリーユーザー向けであるが、性能重視のヘビーユーザーには不満?

先のスペックでも触れました通り、カメラの画素数不足・microSDカードの拡張ができないので、OSやプリインストールアプリ等の占有部分を除いて、実質10GB程度しか自由に使えるストレージ容量がありません。

スマートフォンエントリーユーザーにはコストパフォーマンス抜群でオススメできる端末と言えますが、性能を重視してヘビーに使いたいスマートフォンユーザーにはやや不満がありそうな端末と言えそうです。





この記事を書いた人

SIMPRICE編集部/増山

SIMPRICE編集部/増山

株式会社ノイズのメディア事業部内に新設された「フリーSIM比較メディア」を運営する編集部です。 日夜、格安のSIM情報を追っかけています! 現在、コラムまたはニュース情報を寄稿頂けるライターさんを募集しています!(お問い合わせはこちら

新着コラム