NTTコムストア by goo SimSellerで「格安スマホ祭」が開幕!12月25日まで

NTTコムストア by goo SimSellerで「格安スマホ祭」が開幕!12月25日まで

2014年話題になった「格安スマホ」!端末とOCN モバイル ONEがセットでお得!

2014年、日経トレンディ誌で発表された「2014ヒット商品ランキング」の第9位にランクインした「格安スマホ」。

来年2015年以降は更に伸びることは確実だと思われますが、「格安スマホ元年」といっても過言ではない2014年を締めくくる「格安スマホ祭」がNTTコムストア by goo SimSellerの楽天市場店Yahoo!ショッピング店で開幕しました。

今回は、人気の5つのスマートフォン端末と格安SIMカード「OCN モバイル ONE」がセットになりお得です。

セール対象のスマートフォンはこちら!

kakuyasu-smartphone02

今回のセール対象は、

  • Huawei Ascend G6 (18,800円)
  • ZTE Blade Vec 4G (19,800円)
  • Huawei Ascend G620S (20,500円)
  • ASUS ZenFone 5 (24,624~32,184円)
  • Huawei Ascend Mate 7 (44,800円)

となっております。

(いずれも消費税・送料込)

中でも「Huawei Ascend G620S」と「Ascend Mate 7」は本日12月12日から発売された最新機種です。

完全に余談で申し訳ないのですが、筆者もヨ●バシカ●ラのウェブサイトで本日「Ascend Mate 7」をポチりまして、税込53,800円でした。それよりも9,000円も安いのは驚きです。

(ヨド●シではポイントが10%つくのと、別のMNOへMNPするつもりだったので後悔はしていません)

初心者・特に女性にオススメの「Ascend G6」

参考リンク

カラーバリエーションはブラック・ホワイト・ピンクの3色から選ぶことができます。

OSがAndroid 4.3でメモリ1GBですので、少し動作が重くなる可能性がありますので、まずスマートフォンを使ってみたいという初心者、そしてインカメラ(サブカメラ)が500万画素あり、高精細なセルフィー画像が撮れることから女性にオススメできます。

(セルフィー・自撮りという言葉は来年2015年にもっとブレイクするキーワードになるはずですので、是非覚えておいてください)

通常、税込で3万を少し超える価格で販売されている端末が18,800円はお得だと思いますので、この機会に検討してみてください。

コスパは十分!19,800円で端末+音声通話対応SIM+保護フィルム付「ZTE Blade Vec 4G」

参考リンク

今回セール対象の5つの端末の中で、唯一インカメラが100万画素、更にmicro SDカードスロットがないのでちょっと劣ってしまうかもしれません。

しかし、19,800円(税込)で音声通話対応SIM+専用の液晶保護フィルムがついてきます。欠点に目をつぶればサクサクした動作が期待できる端末ですので、検討してみてください。

ゴチャゴチャした画面が嫌いな方へ、シンプルUIが選べるミドルレンジスマホ「Ascend G620S」

参考リンク

液晶は5インチ・1280×720 HD対応Retinaディスプレイ搭載です。

インカメラが200万画素である点、5インチと少し大きめの端末なので、「Ascend G6」と比べると女性向きではないかもしれません。

シンプルなレイアウトと大きなアイコンサイズの「SIMPLE UI」が選べるので、ゴチャゴチャした画面が嫌いな方は、こちらを検討してみてはいかがでしょうか。

端末価格は公式と同額、OCN モバイル ONEで使いたい方向け「ZenFone 5」

参考リンク

各MVNOで端末セットで販売されていて、とても人気のある「ZenFone 5」ですが、

8GB版は別として、16GB: 28,944円、32GB: 32,184円(いずれも税込)とASUS公式ショップと同額で、それほどお得感がないのは残念ですが、OCN モバイル ONEとセット販売なので、SIMカードとセット買いが目的のある方にはオススメです。

執筆時点で、既に一部在庫切れ品が出ていますので、欲しい方はお早めに。

(なお、16GBホワイトのみ2015年1月上旬以降の出荷)

圧巻の6インチ・オクタコアCPU・バッテリーは4100mAhなどなど!今回のセールの本命「Ascend Mate 7」

参考リンク

今回セール対象の5つの端末の中で、「格安スマホ」とは言いがたい「Ascend Mate 7」です。

とはいえ、「iPhone 6 Plus」や「Nexus 6」と同様のファブレットに属する端末で6インチ液晶。これで税込44,800円ははっきりいってお得だと思います。

そしてCPUはオクタコア(8コア)と処理速度は抜群、バッテリーは4,100mAhでウルトラ省電力モードを備えています。

幅広い周波数帯に対応していますので、日本国内外問わず幅広く使うことができます。

どの部分を取っても、今回の5つの端末の中では本命クラスの端末と言えるでしょう。

(こちらは12月18日以降の出荷予定です)

「格安スマホ祭」は、この年末にとても魅力的なセールと言っても過言ではありません。 一部では早くも在庫切れが出ています。 セールは12月25日までですので、早めにクリスマスプレゼントをゲットしてください。

この記事を書いた人

SIMPRICE編集部/増山

SIMPRICE編集部/増山

株式会社ノイズのメディア事業部内に新設された「フリーSIM比較メディア」を運営する編集部です。 日夜、格安のSIM情報を追っかけています! 現在、コラムまたはニュース情報を寄稿頂けるライターさんを募集しています!(お問い合わせはこちら

新着コラム