NTTドコモ、国内最速の下り最大225Mbpsの「PREMIUM 4G」を提供へ。2015年度中に最大300Mbpsへ

NTTドコモ、国内最速の下り最大225Mbpsの「PREMIUM 4G」を提供へ。2015年度中に最大300Mbpsへ

3月27日より全国22都道府県・38市区町でスタート

株式会社NTTドコモは2015年2月25日、LTEをさらに高度化した次世代ネットワークの通信方式「LTE-Advanced」を使用した通信サービスを2015年3月27日開始予定で提供すると発表しました。

「LTE-Advanced」は、3GPP(Third Generation Partnership Project)、W-CDMAとGSMの発展形ネットワークを基本とする第3世代携帯電話(3G)システムおよび後継世代の第3.9世代移動通信システムに対応するLTE、そして第4世代移動通信システムに対応するの仕様の検討・作成を行う標準化プロジェクトの「第3段階」に位置します。

つまり、これまで第3.9世代だったLTEに更なる高速化・大容量化を実現して第4世代(4G)へと引き上げる試みということです。

まずは複数の周波数帯を束ねることで高速通信を可能とする「キャリアアグリゲーション」を利用することで、下り最大225Mbpsの通信サービスを提供。

そして、2015年度中には下り最大300Mbpsへ高速化する計画です。

これにより、当初は下り最大225Mbps・上り最大50Mbpsの高速データ通信が可能になります。

高速化だけではなく、より多くの人が同時に高速通信できる環境の実現に向けての施策も実施されます。

1つ目は「アドオンセル」。

従来の基地局のカバー範囲内にも範囲の狭い小規模な基地局を複数設置。

それらを異なる周波数帯で運用することにより、基地局と端末の間で同時に複数の周波数で通信する方式を用いて、ネットワークを高密度化します。

従来の携帯電話基地局のカバー範囲はマクロセル(Macro Sell)と呼ばれ、半径数km~数十kmの広い範囲で通信を行いますが、アドオンセルではスモールセル(Small Cell)と呼ばれている、より狭い範囲でのみ通信が可能。

マクロセルとは異なる周波数帯で運用されるので、マクロセルの基地局とアドオンセルの基地局の両方と同時にエリア内において通信を行うことにより、通信速度を高速化させたり、マクロセルとアドオンセルのいずれかがビジーであっても、通信が切れないようにしてくれます。

それに加えて、通信容量の拡大を実現する新技術「高度化C-RAN(Centralized Radio Access Network)」を導入。

複数のリモート基地局に対して、基地局制御部を集中設置するネットワーク構造を指します。

広範囲をカバーするマクロセルと、その間をカバーするスモールセルの両方を1つの制御部でコントロールします。

c-ran

これにより、通信トラフィックが集中するエリアにおいても、安定した高速通信を提供できるような仕組みも提供します。

ドコモでは、これら「LTE-Advanced」を使用した通信サービスを「PREMIUM 4G」(プレミアム4G)として展開していきます。

当初は全国22都道府県の全27都市・東京5区(千代田区・港区・渋谷区・新宿区・豊島区)・6町の合計38市区町からスタートして、2015年度に全国主要都市へと拡大していきます。

端末は、まずは2月18日に発売されたWi-Fi STATION HW-02G(ファーウェイ製)と3月発売予定のWi-Fi STATION L-01G(LGエレクトロニクス製)といったモバイルルーター2機種の対応となり、2015年度早期に対応スマートフォンが発売される予定だそうです。

東京・丸の内の 「ドコモラウンジ」、更に「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋」「ドコモショップグランフロント大阪」の一部屋内施設では、下り最大262.5Mbpsが体験できるコーナーが設置されているということなので、興味のある方は体験してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

SIMPRICE編集部/増山

SIMPRICE編集部/増山

株式会社ノイズのメディア事業部内に新設された「フリーSIM比較メディア」を運営する編集部です。 日夜、格安のSIM情報を追っかけています! 現在、コラムまたはニュース情報を寄稿頂けるライターさんを募集しています!(お問い合わせはこちら

新着コラム