ついに「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」を発表!日本発売は9月19日

ついに「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」を発表!日本発売は9月19日

気になる「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」とは?

2014年9月9日(日本時間10日)、アップル社が新作発表会を新作「iPhone6」「iPhone6 Plus」を発表した。

iPhone6は4.7インチで解像度1334×750、薄さ6.8mm。
iPhone6 Plusは5.5インチで解像度1920×1080のフルHD、薄さ7.1mm。

iphone6and+01

iPhone6 Plusと5sを比較すると、ピクセル数が185%増え、薄さは0.5mm(6は0.8mm)薄くなった。
いずれもRetina HDディスプレイ、Ion-strengthenedガラスを採用している。

iphone6and6+02

内蔵チップは、Apple A8チップ。20ナノミリに20億のトランジスタと前作A7の2倍、A7と比較すると、13%小型化・CPUは25%速度向上、グラフィックは50%向上しました。初代iPhoneのCPUと比べると何と50倍の進化を遂げた。

また更にA7チップよりも、エネルギー消費を50%カットすることに成功したことで、ゲームが快適に遊べるようになっている。

iphone6and+03バッテリー面の持ちもかなり向上している。

例えば音楽を聴く場合、iPhone5Sでは最大40時間だったのが、iPhone6が50時間・iPhone6 Plusは何と最大80時間まで向上。

3G環境における通話も、iPhone5Sでは最大10時間だったのが、iPhone6が14時間・iPhone6 Plusは何と最大24時間まで向上。

スタンバイ状態であれば最大13日バッテリーが持つとされている。

キャリアアグリゲーションやVoLTEに対応!今後はよりクリアな音声通話が実現!?

iphone6and+04ネットワーク面でも大幅に向上しており、LTEは最高150Mbpsのキャリアアグリゲーション高速インターネットに対応している。

キャリアアグリゲーション(CA)は、LTE-Advancedの主要技術で、複数の周波数帯域を束ねて1つの帯域のように使って通信速度を向上させるというもの。

既にKDDIが2014年夏モデルよりCA対応端末を投入しているほか、ソフトバンクがAXGPネットワーク(TD-LTE)「SoftBank 4G」で9月以降に、NTTドコモも2014年度に開始が予定されている。

更に新しい技術・VoLTE(ヴォルテ、Voice over LTE)に対応して、よりクリアな音声通話を楽しむことができるようになっている。

VoLTEは日本ではNTTドコモが2014年6月以降発売のモデル6種類でVoLTE対応の端末を発売しており、既に一部サービスを開始している。

(ただし、この技術を使うことができるのは対応端末同士でなければいけない為、実際の普及はもう少し先かと見られる)

KDDIやソフトバンクにおいてもかなり近い将来導入が予定している技術で、今後の動きに注目したい機能となっている。

また、20あまりのLTEバンドに対応しているので、海外ないろんな環境にマルチプルに使うことができる。

Wi-FiはIEEE 802.11acに対応しており、従来の3倍ほどのスピードアップ。キャリア回線とWi-Fiを繋ぎ目なく利用することによりWi-Fi通話が可能になる。

その他の注目は?

iphone6and6+05

内蔵するカメラは800万画素センサー、f2.2のレンズ、位相差AF、光学手ブレ補正を搭載。フラッシュはiPhone5Sから導入していたTrue Tone Flash。フォーカスを助ける新機能・FocusPixelsが追加され、従来のモデルよりもフォーカスのスピードが2倍にアップ。トーンマッピングもノイズリダクションも向上した。

また。動画は1920×1080/60pでの撮影、240fpsのスローモーション撮影に対応している。
前面のFaceTime HDカメラは81%明るくなり、顔認識やセルフィー連写機能を追加した。

iphone6and6+06

iPhone6とiPhone6 Plusのカラーバリエーションは、ゴールド・シルバー・ブラックの3色。シリコンケースは、赤、白、緑、ピンク、ブルー、黒の6色。

価格は、

  • iPhone6 16GB 199ドル
  • iPhone6 64GB 299ドル
  • iPhone6 128GB 399ドル
  • iPhone6 Plus 16GB 299ドル
  • iPhone6 Plus 64GB 399ドル
  • iPhone6 Plus 128GB 499ドル

となっている。

(アメリカにおける2年契約した上での価格、ちなみにアメリカではキャリアとの契約ありで前作5cは端末無料。5sは99ドル)

9月12日より予約開始して、まず日本を含む9ヶ国で9月19日に発売される。2014年中には115ヶ国までに展開する(iOS 8のリリースは17日)。

ここまで、速報ベースの「iPhone6」「iPhone6 Plus」でした。

日本でNTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの3大携帯電話キャリアが揃い踏みした「iPhone5S」「iPhone5C」から1年。

前作では3社の競争でソフトバンクが制する形でしたが、次の「iPhone6」「iPhone6 Plus」でどのような変化が出てくるのか注目です。

この記事を書いた人

SIMPRICE編集部/増山

SIMPRICE編集部/増山

株式会社ノイズのメディア事業部内に新設された「フリーSIM比較メディア」を運営する編集部です。 日夜、格安のSIM情報を追っかけています! 現在、コラムまたはニュース情報を寄稿頂けるライターさんを募集しています!(お問い合わせはこちら

新着コラム