2015年5月1日、遂に”SIMロック解除義務化”開始!

かねてより総務省から周知されていた「SIMロック解除義務化」ですが、2015年5月1日から開始となり、それに併せてキャリア各社がSIMロック解除の具体的な方法や条件などを発表しました。しかしながら、「完全解除」からは程遠く、キャリア各社の今後の動向が気になるところです。

「SIMロック」は、スマートフォン等の通信端末に入っている「SIMカード」を契約した会社以外の端末では使用できないよう制限する仕組み。

「SIMロック」は、ドコモやKDDI、ソフトバンク等の携帯電話キャリアが抱えるユーザーの離脱を防ぐ(「囲い込みを保護する」という表現の方が正しいかもしれません)一方で、利用者側は容易にキャリア変更ができないよう強いられてきました。

【編集部注】SIMカードと通信端末がセットになっており、他社のSIMカードを同一端末では利用出来ない点が利用者の選択肢を阻むことから問題視されていました。

今回のSIMロック解除義務化を受けて、全ての端末における「SIMロック」が解除される…という前提でしたが、当サイトニュース記事『NTTドコモ、SIMロック解除サービスのガイドラインを改定!適用は5月1日から』でもお伝えした通り、完全な解除には至らない形に。

なお、解除手続きは、キャリア各社でまちまちとなっており、併せて

  • 2015年4月末までに購入/契約し発売された端末
  • 2015年5月以降に購入/契約し発売された端末

上記の通り、購入・契約した発売された時期で対応が異なるとのことで若干の混乱の原因となっています。

【2015年5月以降に購入し発売された端末の場合】

NTTドコモ KDDI au SoftBank
解除可能利用日数 購入から180日 購入から180日 未記載(不明)
PCからの解除
無料

無料
×
電話での解除
3,000円(有料)
× ×
店頭での解除
3,000円(一部無料)

3,000円(有料)

3,000円(有料)

※2015年5月以前に発売されたiOs端末については対象外の場合が殆どとなっておりますので、必ず公式サイトをご確認ください。

なお、2015年5月以降に購入・契約し発売された端末に関するSIMロック解除の条件は上記のようになっています(価格は全て税抜き表示です)。

利用端末によっては、ロック解除費用が無料にならない場合もあるため、各社が公開するページを必ずご覧いただいたうえで手続きをしていただければと思います。

【参考】

また、NTTドコモとKDDIではPC(インターネット上)でのロック解除が可能と記載されていますが、ドコモに関してはMy docomoでの設定ができるよう準備中(時期未定)。

また、KDDIについては2015年8月に手続きページを公開予定とされており、実際には【電話】か【店頭】で解除する必要があり、実質的にはPCでからの手続きはまだ出来ないようです(2015年5月6日時点)。

総務省が平成27年3月31日に発表した情報(出典『MVNOサービスの利用動向等に関するデータの公表(平成26年12月末時点) / 総務省』)によると、MVNO事業者の契約件数は2014年12月時点で892万件で前年同期比では33%増に。

SIMロック解除義務化を発表した際には、MVNOの契約件数目標を1500万件と設定し、各社競争による通信料金引き下げを狙っていたようですが、まだまだ道半ば…といった感じでしょうか。

【参考】
MVNOサービスの利用動向等に関するデータの公表:別紙(PDF) / 総務省』

この記事を書いた人

SIMPRICE編集部/池永

SIMPRICE編集部/池永

株式会社ノイズのメディア事業部内に新設された「フリーSIM比較メディア」を運営する編集部です。
日夜、格安のSIM情報を追っかけています!
現在、コラムまたはニュース情報を寄稿頂けるライターさんを募集しています!(お問い合わせはこちら

新着コラム