MMD研究所が2015年1月度ドコモ回線MVNO通信速度調査・JR山手線編を発表

MMD研究所が2015年1月度ドコモ回線MVNO通信速度調査・JR山手線編を発表

ドコモ系主要MVNOサービス4社とNTTドコモの合計5社で比較

日本最大のモバイル専門マーケティングリサーチを手がけるMMD研究所が2015年1月30日、「2015年1月主要MVNO通信速度調査 JR山手線編」というレポートを発表しました。

この調査レポートは昨今話題の格安MVNO SIMのデータ通信速度の実態を把握するため、NTTドコモ回線を利用するMVNO主要4社(NTTコミュニケーションズ・インターネットイニシアティブ・日本通信・ビックローブ)、そしてNTTドコモの合計5社・5サービスを使って、JR山手線全駅のホームにおいて調査したものです。

調査概要は、

  • 調査期間: 2015年1月19日~1月23日
  • 調査地域: JR山手線全29駅、ホーム中央付近にて実施
  • 調査方法: スピードテスト:「RBB TODAY SPEED TEST」アプリにて10:00~19:00の時間帯に各3回計測した平均値
  • 調査に使用したデータ通信SIM
    • NTTコミュニケーションズ・OCNモバイルONE データ通信専用SIM 2GB/月コース
    • インターネットイニシアティブ・IIJmioウェルカムパック ミニマムスタートプラン(2GB/月)
    • 日本通信・b-mobile SIM 高速定額
    • ビッグローブ BIGLOBE LTE・3GデータSIM エントリープラン(2GB/月)
    • NTTドコモ・カケホーダイ&パケあえる

気になる結果は!?

mvno vs docomo
  • OCNモバイルONE: 19.1Mbps
  • IIJmio: 24.2Mbps
  • b-mobile: 9.1Mbps
  • BIGLOBE LTE・3GデータSIM: 6.7Mbps
  • NTTドコモ: 31.3Mbps

MVNO4社のスコアは、同じNTTドコモの回線を使っているにも関わらず、特に下り(ダウンロード)ではIIJmioの24.2Mbpsと日本通信の9.1Mbps、ビッグローブの6.7Mbpsというように大きな差が出ました。

一方、上り(アップロード)の速度は「本家」ドコモでも11.9Mbps、MVNO4社も6.6~10.9Mbpsとそれほど大きな差は出ませんでした。

下り20Mbps以上出ていた駅は、ドコモ18駅・IIJmio17駅・OCNモバイルONE12駅とこの3社はそれほど差がない結果だったのに対して、他の2社は0駅でした。

10Mbps以上にフィルタリングを変えると、ドコモ28駅・IIJmio27駅・OCNモバイルONE24駅と均衡、続いて日本通信12駅、ビッグローブは0駅で全ての駅で1桁(最高8.4Mbps)でした。

鶯谷~西日暮里、目黒~大崎区間でやや速度が低下

調査では、鶯谷~西日暮里、目黒~大崎間がやや速度がほかの駅より低下している傾向が見られました。

特に、鶯谷駅のスコアが思わしくなく、NTTドコモでも7.2Mbps、以下IIJmio6.7Mbps、日本通信4.4Mbps、ビッグローブ2.6Mbps、OCNモバイルONE1.7Mbpsと、どのキャリアでも10Mbpsを超えないという結果となったのは少し気になりました。

あくまで、これらの結果は調査時点の一定の条件下でのデータであり、別の日の電波状態・回線混雑状況・利用する場所によって速度が変化するので、結果が各社・各駅の品質の差を断定するものではありません。

しかし、ひとつの調査としてこれから新しく格安のMVNO SIMカードを選ばれる方にとって、重要な指標になるのではないでしょうか。

今年5月から日本の各携帯電話キャリアは、「SIMロック解除」が義務付けられるという状況であり、今後格安SIMを提供するMVNO各社は確実に注目を集めてくるでしょう。

今後、回線速度と通信費用の節約のバランスを考えた「本当にお得な」SIMカード選びが求められる時期にわれわれは来ているようです。

参考URL: docomo回線利用のMVNO各社、ダウンロード平均スピードに差(MMD研究所)

この記事を書いた人

SIMPRICE編集部/増山

SIMPRICE編集部/増山

株式会社ノイズのメディア事業部内に新設された「フリーSIM比較メディア」を運営する編集部です。 日夜、格安のSIM情報を追っかけています! 現在、コラムまたはニュース情報を寄稿頂けるライターさんを募集しています!(お問い合わせはこちら

新着コラム