エレコムがドコモ網を利用した780円~使えるMVNO「SkyLink Mobile」提供開始。スマホセットモデルの販売も

大阪市に本社を置くコンピュータ周辺機器メーカー・エレコムは、NTTドコモのFOMA(3G)とXi(LTE)ネットワークを利用したMVNOサービス「SkyLink Mobile」を9月1日より開始。

SkyLink Mobileはまず第1弾として、データ通信専用SIM、データ通信+SMS、データ通信+SMS+VoIP(SkyLink Phone)の用途に応じて選べるブランド3種類のプランを提供する。

毎月の費用は780円(税別)~。SIMカードは標準SIM・MicroSIM・NanoSIMの3種類から選択可能。

skylinemobile01
skylinemobile02

また、データ通信+SMS+VoIP(SkyLink Phone)は、日本国内向けスマートフォンブランド「freetel」の新モデル「freetel Priori」とのセットモデルあり。

skylinemobile03

セットプランで契約する場合、もともとの初期費用3,000円(税別)に端末費用として9,000円をプラスした初期費用総額12,000円(税別)の負担のみで、以降毎月の利用料金はSkyLink Phoneプランと全く変わらないので、安くスマートフォンを持ちたい・スマートフォンデビューしたいという方にはオススメです。

データ通信は更にフリーデータコース・デイリーコース・マンスリーコースと3つのコースから選べます。

フリーデータコースは上り下り最高300Kbpsの転送無制限。デイリーコース・マンスリーコースは下り最高150Mbpsの速度を得られますが、転送量がそれぞれ70MB/日、2GB/月となり、転送量を超過した場合はデイリーコースが当日のみ最高100Kbps、マンスリーコースは残りの当月最高200Kbpsに速度制限されます。

現在、SkyLink Mobileは「ELECOM Skylink」の直営ウェブストアのみの販売となっています。

最新ニュース