プラスワン・マーケティング、データ通信および音声通話付きSIMカードサービス「フリモバSIM」を11月4日から開始

「freetel」ブランドでSIMロックフリーのAndroidスマートフォン事業を展開しているプラスワン・マーケティング株式会社は、NTTドコモのネットワークを利用したMVNOでのデータ通信および音声通話付きSIMカードサービス「フリモバSIM」を2014年11月4日から開始。

「フリモバSIM」には2種類のプランがあり、データ通信専用・音声通話なしの「フリモバNET」と音声通話サービス付きの「フリモバCALL」に分かれる。

2種類のプランには、それぞれ1ヶ月あたりのデータ通信容量設定が1/2/3/5/7GBの5つのコースが用意されている。

月額料金設定は以下の通り。

容量 フリモバNET フリモバCALL
1GB 680円 1,280円
2GB 880円 1,480円
3GB 1,280円 1,780円
5GB 1,980円 2,480円
7GB 2,580円 2,980円

 

音声通話料は20円/30秒、SMSサービスオプションは月額150円。

データ通信容量の上限を超えた場合、下り/上り最大128kbpsに制限される。

解約手数料は無料で、契約期間の縛りは基本的にない。

留守番電話・キャッチホン・追加チャージ等のオプションサービスもあるが、詳細は後日アナウンスされる見込み。

また、同社製の端末をSIMカードと同時に購入したユーザーについては、APN(アクセスポイント名)の設定などが済んだ状態で届けられるキッティングシステムを採用して、届いたらすぐ使えるようになる。

【編集部 2014/11/13追加】当ニュースについて、サービス名や提供プラン価格等が変更。詳細はこちらを参照。

最新ニュース