携帯電話各社、2015年1月利用分よりユニバーサルサービス料を2円に値下げ

NTTドコモ・ソフトバンク・KDDI・ワイモバイル・UQコミュニケーションズなど携帯電話各社は、2014年11月28日に、携帯電話回線契約1つに付き支払う必要があるユニバーサルサービス料を2015年1月1日以降改定することをそれぞれ発表。

これまで、ユニバーサルサービス料はNTT東日本・西日本が提供する固定加入電話・公衆電話・緊急通報などの基礎的電気通信役務(ユニバーサルサービス)を維持するために必要な費用の一部を、通信事業者全体で電話番号数に応じて負担してきた。

従来、MVNOを含む各携帯電話キャリアは社団法人電気通信事業者協会が公表する番号単価分1回線契約あたり3円(+消費税,合計3.24円)を利用者に対して徴収していた。

このユニバーサルサービス料の1回線あたりの負担が2015年1月1日から改定され、1回線契約あたり2円(+消費税,合計2.16円)に値下がりする。

ソフトバンクが提供しているシンプルスタイル(旧プリモバイルおよびプリスマ)は、2015年1月8日のチャージ分より1リチャージあたり11円→7円(消費税込み)を徴収する。

(4,000円および5,000円付きプラン、10,000円付きプランは14円)

最新ニュース