楽天モバイル、第2弾端末として「AQUOS SH-M01」「Ascend Mate 7」の販売を開始

フュージョン・コミュニケーションズ株式会社は、2014年12月5日よりモバイル通信サービス「楽天モバイル」の新たな端末ラインナップとして、シャープ「AQUOS SH-M01」およびファーウェイ「Ascend Mate 7」の販売を開始。

今回、新たに2機種発売により、従来販売しているASUS「ZenFone 5」を加え、同サービスのラインナップは3つに増加。

シャープ「AQUOS SH-M01」は、OS: Android 4.4.2、ディスプレイ: 約4.5インチのIGZO液晶ディスプレイ、CPU: 2.2GHzクアッドコア(4コア)MSM8974、ストレージ: 16GB、メモリ: 2GBのメモリを搭載するスマートフォン。

端末価格は一括払いで52,800円、割賦(分割)では初回3,819円、以降月々2,130円×24ヶ月。

(一括払いで楽天スーパーポイント4,000pt獲得)

出荷日は12月17日。

ファーウェイ「Ascend Mate7」は、OS: Android 4.4、ディスプレイ: 6インチ・フルHD、CPU: 4×1.8GHz、4×1.3GHzのオクタコア(8コア)Hi-Silicon Kirin 925、ストレージ:16GB、、メモリ: 2GBを搭載するファブレット。

端末価格は一括払いで48,888円、割賦(分割)では初回4,166円、以降月々1,945円×24ヶ月。

(一括払いで楽天スーパーポイント3,000pt獲得)

出荷日は12月11日。

受付は楽天モバイルウェブサイトのほか、東京都渋谷区神南の楽天カフェでも行われる。

なお、次回第3弾端末のリリースは2015年2月を予定。

(価格は全て税別)

最新ニュース