ソフトバンクモバイル、「アメリカ放題」でLTEデータ通信サービス開始。中国・イスラエルのLTE国際ローミングも

ソフトバンクモバイル株式会社は、2014年12月24日に同社傘下のアメリカ・スプリントコーポレーション(Sprint)のネットワークでLTE国際ローミングを提供開始、同日から「アメリカ放題」でLTE国際データ通信が利用可能に。

同社では、2014年9月19日から、ソフトバンクモバイルユーザーがアメリカでインターネット利用や通話を国際ローミングを適用することなく、日本国内と同じ料金で利用できる「アメリカ放題」を提供している。

これまでは、アメリカ国内では3G(CDMA2000)回線のみの対応だったが、今回のLTE国際ローミング提供により、より高速なモバイル通信の提供が可能となる。

(参考リンク)

なお、現時点において、同プランに対応している端末は、iPhone 6・iPhone 6 Plus・iPad Air 2のみであり、それ以外の端末からの発着信等は通常の国際ローミング料金となる。

また、ソフトバンクモバイルでは12月26日より、LTE国際ローミングの対象エリアに中国・イスラエルが追加される。

イスラエルにおけるLTE国際ローミングの提供は、日本国内携帯電話事業者初となる。

今回の追加で全28の国と地域でLTE国際ローミングが利用可能となっている。

中国におけるLTE対応携帯電話事業者は、中国移動通信(China Mobile)と中国聯通(China Unicom)。

イスラエルにおけるLTE対応携帯電話事業者は、Partner。

最新ニュース