ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB・ソフトバンクテレコム・ワイモバイルを4月1日以降に吸収合併へ

ソフトバンクモバイル株式会社は、2015年1月23日にソフトバンクBB株式会社・ソフトバンクテレコム株式会社・ワイモバイル株式会社とソフトバンクモバイル株式会社の合計4社で、2015年4月1日(予定)を効力発生日として合併を決議したことを発表。

存続会社は、「ソフトバンクモバイル株式会社」で残る3社は消滅。

展開している移動通信サービスである「ソフトバンク」および「Y!Mobile」、ブロードバンドサービス「Yahoo!BB」といったそれぞれのブランドは引き続き提供される。

4社は、合併により、各社が有する経営資源をさらに集約し、国内通信事業の競争力を一層強化することで、企業価値の最大化を図り、「情報革命で人々を幸せに」という経営理念の下、革新的なサービスの創出に取り組むとともに、構造改革を通じて経営効率を高め、IoT(インターネット・オブ・シングス)やロボット、エネルギー等の分野でも事業を拡大させていくと説明している。

合併に関わる割り当ての内容は、ソフトバンクモバイル普通株式1に対して、ワイモバイルがB種種類株式0.76・ソフトバンクBB普通株式0.0468・ソフトバンクテレコム普通株式0.2761。

最新ニュース