【調査結果】スマートフォン所有率は62.5%、「SIMロック解除」認知度は73.3%

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は、4月13日に「2015年4月携帯端末購入に関する定点調査」の結果を発表。調査対象は携帯電話を所有する15歳以上の男女約6,000人で調査方法はインターネット。調査期間は3月30日~3月31日。

今回の調査は、2015年5月にSIMロック解除の義務化が始まるということで「SIMロック解除」についても質問。その結果、「知っており、内容を理解している」(37.5%)、「知っているが、内容は理解していない」(35.8%)の合計が73.3%という結果に。

所有端末では「スマートフォン」が62.5%で、2014年10月と比較すると3.5ポイント増加。一方、「フィーチャーフォン」は37.5%。

メインで利用しているキャリアはNTTドコモの39.4%、auが32.7%、ソフトバンクが23.0%とNTTドコモがやや多く、MVNO各社の利用は1.9%。

所有しているスマートフォンのシリーズで最も多いのは「iPhone」の50.1%で、次いで「Xperia」の15.3%、「AQUOS PHONE」の10.8%。

iPhoneシリーズにおける所有率の最多は「iPhone 5s」の31.6%で、2位は「iPhone 6」(25.4%)、3位は「iPhone 5」(18.4%)という結果に。なおiPhone 6 Pulsは7.7%、iPhone 5cは8.3%と差が見られた。

出典:『「SIMロック解除」の認知度は73.3%、うち内容を理解している人は37.5%』/MMD研究所

最新ニュース