ソフトバンク、Android搭載スマートフォンの2015年夏モデルを発表!

ソフトバンクモバイル株式会社は5月19日、2015年夏モデルとなるAndroid搭載スマートフォンの新製品を発表しました。スマートフォンは、シャープ製のAQUOS CRYSTAL XxとAQUOS CRYSTAL 2、ソニーモバイルコミュニケーションズ製Xperia™ Z4とサムスン製のGalaxy S6 edgeの4機種で、いずれもVoLTEに対応してします。

AQUOS Xxは、5.7インチのLEDディスプレイを搭載しておりAQUOS史上最大サイズの大画面と高画質そして省エネを実現しました。カラーは、ホワイト、レッド、アンバーブラックの3色展開で6月下旬以降に発売となっています。

AQUOS CRYSTAL 2は、2014年冬モデルとして登場したフレームレスデザインが印象的なAQUOS CRYSTALの後継モデルです。5.2インチの液晶を搭載しており、より綺麗な発色の実現が期待できるS-PureLEDを搭載しています。

Xperia™ Z4は、ガラスとアルミフレームによる現代的でかつモダンなデザイン、コーナー部分は樹脂パーツで作られより丈夫さを得たモデルです。端子カバー類が1カ所に集約されていることで、より美しいデザインとなっています。厚さは6.9mm、重さ144gと薄型軽量が魅力です。

2014年に販売されたタブレットGalaxy Tab 4以来ソフトバンクモバイルからスマートフォンのリリースが注目されていましたが、いよいよソフトバンクからもGalaxy S6 edgeが登場しました。ガラスとメタルが使用されたリッチなデザインが魅力的です。高性能で省電力なオクタコアCPUを搭載しており、ROMは32Gバイトと64Gバイトの2種類を展開。本体カラーはブラックサファイア、ホワイトパール、ゴールドプラチナ、グリーンエメラルドの4色から選べます。

参考資料:ソフトバンク株式会社
http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2015/20150519_05/

最新ニュース