国内タブレット端末出荷台数、2015年度に1000万台を突破へ

2015年5月21日、調査会社のMM総研は国内タブレット端末市場に関する調査結果を発表しました。それによると、2014年度のタブレット端末の出荷台数は、前年度比24.2%増の929万台に達しており、2014年度下期出荷台数は516万台で半期別出荷台数で初めて500万台を突破しました。2015年度には初めて1000万台を超え、同15.2%増の1,070万台に達するとの見通しがたっています。

また、今回はメーカー別出荷台数も発表され、2014年度通期のメーカー別出荷台数・シェアは Apple(408万台/シェア43.9%)が1位を獲得しました。日本でタブレット端末が登場した2010年度より5年連続の1位をキープという結果です。2位はASUS、3位はソニー、4位は富士通、5位はNECレノボといった順番になっています。OS別の出荷台数ではAndroidが425万台(シェア45.7%)で前年度に続いて1位。次いでiOSが408万台(シェア43.9%)、Windowsは96万台(シェア10.3%)でした。日本にスマートフォン、そしてタブレットという新常識が確立され早5年、この業界は今後更に発展をしていくでしょう。

キャリアによる新料金プラン、マルチデバイス戦略の推進、マイクロソフトのLTE対応「Surface 3」の販売開始といったキャリア各社が様々な方法で販売するセルラータブレットが増加すると予想されています。さらに、MVNO SIM(格安SIM)サービスとの相乗効果によるSIMフリータブレットの需要拡大にも期待できます。

出典:MM総研

http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120150521700

最新ニュース