9割弱が「格安スマホ」を認知…マイボイスコム調査

マイボイスコムは5月27日、格安スマホに関するアンケート調査の結果を発表しました。同調査は、2015年5月1~7日に実施され、調査対象は「MyVoice」アンケートモニタ1万1760人。格安スマホについての認知については、「知っている」が39.2%、「名前を聞いたことがある程度」が49.3%となっており、認知している割合は88.5%となりました。

「知っている」の比率をみると、男性の方が高く、男性10~40代では5割を超す結果となりました。一方、女性では低年代層ほど高い傾向がみられました。また、スマートフォンのみの利用者では4割強、携帯電話・スマートフォン併用者では7割強が認知しています。

一昔前までは、”知っている人は知っている”程度の、スマホ事情等に詳しい人でなければ馴染みのなかった格安スマホですが、今ではすっかり社会にその存在が浸透してきていると考えて良いでしょう。

併せて調査された格安スマホ(端末とSIMカードのセット販売)利用意向者の、選定時の重視点として挙げられたのが「月額利用料金」と「本体価格」でした。それ以外にも「通信速度の速さ」や「データ通信容量の上限」、「電話番号が引き継げる」、「無料Wi‐Fiが利用できる」といった利便性を求める声と、「バッテリーの持ち時間」や「料金プランが豊富」というようにスマホそのものへの性能と販売会社のプラン面への要望などが続きました。

出典:マイボイスコム株式会社【格安スマホにおける調査】
http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/20213/index.html

最新ニュース