AzurePowerがAzure閉域網接続を業界最安値で提供開始

アジュールバワー株式会社は、日本マイクロソフトが提供するクラウドサービスMicrosoft Azure (以下 MS Azure)と閉域網接続が可能となるMicrosoft Azure閉域接続サービスを法人企業向けに月額14万円(税別)で2015年5月28日(水)よりサービス提供開始することを発表しました。

クラウドサービスMS Azureを基幹システムとするネットワークに接続することに対してセキュリティ面で不安がある企業でも、高機密性と高品質を兼ね備えた閉域網でネットワークに接続することを可能にすることで、企業ビジネスインフラ向上をはかり企業のビジネスを加速させることが可能です。

従来、MS Azureと閉域網接続を行うためにはルータ機器やアクセス回線、閉域網ネットワークサービス、MS Azureの閉域網接続サービスなどを組み合わせる必要がありました。導入を検討する企業にとってみれば契約先も複数にわたり、コスト面や維持管理の人的リソースが大きな負担になっていました。障害が発生した場合の対応も各社別れるために実際の運用に関しての課題が多く挙げられ導入を見送ったケースも少なくありません。

こういった問題を一度に解決する接続設定や課金、契約、サポートをワンストップで企業に提供する「Azure閉域接続サービス」の提供は、ネットワークの導入を検討している企業にとって朗報といえるでしょう。

サービスにはBasicパックと二重化パックが用意されています。Basicパックで14万円(税別)という価格設定で、アクセス回線(NTT東西を提供する光ネクスト回線)の利用料をはじめ法人企業設置レンタルルータ費用、24時間365日ルータ死活監視サービス費用、閉域網利用料、ExpressRoute利用料(1.5Tバイト以下のトラフィック課金費用込)がセットになっています。

二重化パックは、ルータ機器とアクセス回線を二重化で提供してもらうことが可能です。こちらの料金はBasicパックの14万円(税別)に59,000円(税別)をプラスする形です。

出典:アジュールパワー株式会社
https://azurepower.jp/post/ip-vpn/

最新ニュース