ZTEジャパン、gooのスマホのソフトウェアアップデートで眼セキュリティ認証を追加

ZTEジャパン株式会社は、平成27年7月30日、NTTレゾナント株式会社より販売しているgooのスマホg03(ぐーまるさん)の筐体であるZTE Blade Sのソフトウェアアップデートにて、眼の生体認証によるロック解除機能を追加することを発表しました。

眼セキュリティ認証は、使用しているユーザーがあらかじめ自分の眼の情報を登録しておくことによって、画面をロックした時に端末の画面を見つめ、その眼を少し動かすだけでロックの解除が出来る最先端の機能です。

スマートフォンのセキュリティ問題は今や社会現象と化しているものの、パターンでのロックや暗証番号でのロックを設定すると解除に手間がかかることから、ロックをしないというセキュリティ上危険な人も多いのが事実。

そういった方法に比べて、この眼を使用した画面のロック解除には片手しか使えないようなシーンでも手間どることなくロックを解除できます。パターンでロックしていたのに解除方法を忘れたり、暗証番号を盗み見られて危険にさらされることもなくなるので、安心できます。

「眼セキュリティ認証」は米国で開発されたもので、ひとり一人で違うといわれる眼の静脈パターンをスキャンして認証を行ないます。

静脈パターンは年齢や体型の変化にも影響が少なく、コンタクトを付けている状態でも正しくスキャンされるというから驚きです。日本向け製品として初めてこの機能を搭載したスマートフォンを、手にとってみてはいかがでしょうか。

出典:
ZTEジャパン株式会社 ニュース
[ZTEジャパン] ZTE Blade S(「gooのスマホ」g03)のソフトウェアアップデートで「眼セキュリティ認証」を追加
http://www.zte.co.jp/press_center/news/ztejapan/201507/t20150729_15274.html

最新ニュース